イチ押しアプリ
美少女と化した戦国武将たちと街づくりをしながら冒険する「戦国アスカ ZERO」レビュー

 

美麗グラフィックとデフォルメのSDキャラの両方が楽しめる作品!

「戦国アスカ ZERO」は、数々の戦国武将や、陰陽師などが全て美少女になっている世界での冒険活劇RPGだ。

各キャラクターの立ち絵は、非常に美麗なイラストによって描かれ、バトルシーンや街作りパートではゴチャゴチャしないように、スッキリしたデフォルメのキャラクターとして描かれている。

デフォルメキャラクターは小さくなっている分、良く動き、バトルシーンなどでの細かいアニメーションには特に注目したいところ。

バトルでは一定条件を満たすと、各キャラ固有の奥義が使えるようになっており、5人の技を一度に全て発動させることも可能となっていて、全員の発動条件を待ってから畳み掛ける爽快感は、癖になること間違いなしだ。

バトルはセミオートで進みサクサク進行!

本作のバトルは、基本的にセミオートで進むようになっており、編成した各キャラクターが勝手に敵に近づき、攻撃を繰り返すようになっている。
プレイヤーは戦闘が始まったら、ほぼ眺めることしか出来ないため、編成時の戦略性が問われる作りと言っていいだろう。

しかし、先にも書いたが各キャラクターの「奥義」の発動タイミングはプレイヤーに委ねられているため、戦況を見て技を叩き込むようにしよう。
物語が進行すると、キャラクターごとに通常攻撃以外の自動発動となる「秘儀」の装備や、タイプ別の隊列を考えたりと、徐々に戦略性も高まっていく作りで飽きがこない。

美少女たちをナデナデできる!?街づくりと育成が楽しめちゃう!

「戦国アスカ ZERO」で重要なのは、単純なレベル上げだけではなく、キャラクターごとに忠誠度と言った数値があり、様々な恩恵を受けられるようになっている。
忠誠度は基本的には街づくりモードで歩き回っている武将をナデナデすることで上昇する仕組みだ。

街づくりにおいて、新たな建物建造の提案や、新しい武器のレシピの伝授など、忠誠度による恩恵は様々で、レベルと共に成長させることで戦力増強に非常に役立つステータスとなっている。

他のゲームと違い、レベルだけでゴリ押し出来るシステムではないので、プレイヤーそれぞれの個性を反映させる育成の仕方が可能となっている。

また、キャラごとに装着できる武器が異なるが、その武器ごとにも先頭を重ねるごとに上がる「熟練度」があったりと、非常に細かいステータス多数設定されている。
ただの美少女萌えゲームかと侮るなかれ、非常にやり込み度が高く、ヘビーゲーマーも納得の作品だ。

準レアのキャラクターでも育てがいのあるシステム

本作では、最高レアを星6とし、主要キャラクターはほぼ星4となっていて、ガチャで排出されるのも星4がほとんどだ。

星6のキャラを狙って出すには課金は欠かせないほどの確率となっており、無課金ユーザー泣かせと思われがちである。

しかしながら、レア度が高いキャラには育成にかかるコストも凄まじく、結果的に星6キャラを最高ランクまで成長させるのは現実的ではないため、実戦にすぐに投入できるのは比較的育成難易度が低めの、星4と星5のキャラばかりになる。

この辺りであれば、チュートリアルガチャでも出現の可能性が十分に期待でき、少しの課金でかなりの充実した編成が組めること間違いなしだ。

リリースから3年経った今でもアクティブユーザーは尽きることがなく、オンラインでの「ギルド」のような要素となる「軍団」の動きも活発なため、今からスタートしてもアドバイスを受けながらゲームを進めることもできるだろう。

スタートアップボーナスなどもおトクなイベント期間となっており、気になる方は是非とも「戦国アスカ ZERO」の世界に入り込んでみてはいかがだろうか。

 

スペック・仕様

開発者:ORATTA.INC

リリース:2015年12月21日
サイズ:78.0MB(Android OS)114.6MB(iOS)
価格:基本無料(課金アイテム:120円〜9,800円)

おすすめの記事